オントロジーとGoWithMi、分散型ロケーションベースサービスの開発で協力

分散型の位置情報サービスGoWithMiは、オントロジーとの連携を進めています。

GoWithMiは以前オントロジーから投資を得ています。したがって、両当事者が、パートナーシップを組んで、分散型ロケーションベースのサービスとデジタルツインの土地の権利に取り組む時期が来たと判断したと考えられます。彼らのパートナーシップは、土地管理のためのブロックチェーンの使用を中心としていると言われています。

GoWithMiは契約の一部として100万ドルの資金を受け取ると言われています。これはGoWithMiのための戦略的連携の長いリストへの最新の追加です。

同社はすでに、中国最大の旅行共有会社であるBeido Civil Center、インドネシア最大のO2OサービスプラットフォームGojek、最大のインドネシアのeコマース企業であるAkulaku、インドネシア最大のモバイル広告Shopeeとの提携関係にある。会社Zoomy。ホンダやトヨタのような業界でも有数の大手企業と一緒に

GoWithMiは、分散型ロケーションベースサービス、Oracleおよびコンセンサスマップの統合を担当しています。それは欠けている重要な要素を補完することに専念しており、実際のビジネスでブロックチェーンを採用する必要性を妨げています。

これは、2018年にインドネシアで開催された第18回アジア大会のスマートマップアプリで紹介されたものです。デザインされたアプリは、プレイするゲームに対してリアルタイムのナビゲーションサービスをユーザーに提供することができました。実体経済におけるブロックチェーンの適用と新しい時代のプログラマブルビジネスへのエンティティビジネスのアップグレードは、プラットフォームが達成しようとしているものです。

オントロジーとのこのコラボレーションで、GoWithMiは両当事者にオントロジーパブリックブロックチェーンの土地の権利のデジタル化とインドネシア市場内での共同マーケティング活動の共同作業を行う機会を提示し、非常に必要な技術サポートを受けます。今年の6月までに、ONTは正式に多数のユーザーのための支払いチャネルとして追加されると予想されます。

仮想世界と現実世界の間の接続を提供するロケーションベースのサービスは、インターネットの3つの基本サービスの1つと見なされています。両社は、協力して最初のクロスプラットフォーム分散サービスインフラストラクチャを構築することによって、地域のメンバーが情報の生産、配布、および管理に参加できるようにする計画を策定する予定です。これは、順番に、メンバーに場所ベースのサービスや他の人たちにチェーンガバナンスとオフチェーン活動への参加のための報酬をもたらします。

これは、データの強制的な収集、データ共有権の無知、一元化されたデータ収集費用、誤ったリアルタイムのデータ更新、サービス品質の不均衡など、業界の問題点を解消するのに役立ちます。

GoWithMiは、定評のある投資家や機関から非常に計算された投資援助を得ています。その好例は、グローバルマッピングエキスパートのChuang Tao、PreAngel基金のLeo Wang、Manzi Venture Capital、インドネシア最大のITグループ、Kresnaなどです。コンセンサスラボこれにより、この統合に対するユーザーの期待は大きく高まります。

同社は、インドネシアだけで1200万件以上のダウンロードを達成し、今年は東南アジアで約10,000人のユーザーを集めることを目標としています。

Leave a Reply