タイがCryptoの所有権で2位、インターネットバンキングでトップにランクイン

HootsuiteとWeAreSocialによって行われた最新の調査によると、タイは最大のモバイルバンキングユーザーを持つという点でトップに立っています。しかしもっと重要なことに、この調査は、インターネットユーザーが暗号通貨を所有しているという点で、この国が銀メダルを獲得したことを明らかにしました。これらの調査結果は、16〜64歳の年齢層のユーザーをサンプリングしたGlobal Electronic Report 2019の一部です。調査は、2018年の第2四半期と第3四半期に行われました。

特定の啓示

より具体的に説明すると、この調査では、タイのインターネットユーザーの約9.9%が暗号通貨を所有しているのに対し、南アフリカでは10.7%がインターネットユーザーの中で最大の暗号所有者数を誇っています。世界。リストの3番目に積み重ねられているのは、9.5%のシェアを持つインドネシアです。調査によると、世界平均は5.5%で固定されています。

調査から出てきたもう一つの興味深い観察は、タイの市民が享受するインターネットバンキングサービスへの広いアクセスです。タイの国民の74%がインターネットバンキングサービスを利用しており、インターネットバンキングへのアクセスという点では世界一の国となっています。スウェーデンでは71%で2番目に近く、トルコでは68%の人々がそのようなアクセスを持っています。インターネットバンキングサービスをパラメータとした世界平均は41%で、タイの約半分に過ぎません。

ブロックチェーンの貢献

専門家達は、タイにおける暗号の人気の高さは、主に国内で急速に成長しているブロックチェーン産業によるものだと信じています。我々はすでに新しい証券通貨取引所を開設するための準備とタイ証券取引所(SET)の歩みを目の当たりにしました。タイにおける暗号の採用をさらに強化するためのトーンを設定する。報告はまた、SETがまもなく新しいデジタル取引所を運営する許可を得るために財務省にアプローチすることを示唆しています。さらに、同省は、1週間前にBitcoin Exchange、Satang、Bitkub Online、Coins TH Coの4社に暗号ライセンスを供与した。同時に、同省は必要なコンプライアンスを満たしていないと判断した2社への許可を否定した。暗号ビジネスを始めるため。

タイは昨年7月と発表から1ヶ月以内に暗号を規制することを初めて発表した。合計20社が暗号ライセンスを申請しました。この数字は、デジタル資産に対する市場の熱意を示し、国内の暗号の明るい未来へのトーンを設定しました。

Leave a Reply