ブロックチェーンと暗号通貨が世界をどう変えるか

多くの金融アナリストや専門家が、暗号通貨とブロックチェーンテクノロジを強力に採用しています。彼らは、デジタル通貨の採用が別の世界的な崩壊を防ぎ、世界を金融危機から救うことができるという議論を提示しています。それでも、暗号通貨の可能性についてはまだ懐疑的であり、デジタル資産は現実よりも誇大広告であると感じる声もあります。どちらにしても、暗号通貨とブロックチェーン技術が現在の市場シナリオを変えることができるということに疑いはありません。私たちは、ブロックチェーンと暗号通貨の適用が違いを生んでいて、将来の現在の慣行を混乱させる可能性がある分野をいくつか挙げています。

サイバーセキュリティ

これは、ブロックチェーンの適用によって、今日のデータの処理方法と保護方法が完全に変わる部分です。ブロックチェーンアプリケーションはデータの暗号化につながり、将来のデータの保存方法や処理方法に影響を与えます。暗号化の素晴らしいところは、データのハッキングを事実上不可能にする、その高いセキュリティです。言い換えれば、システムはいかなる種類のサイバー盗難やハッキング事件に対しても免疫があるようになります。

銀行および金融業界

業界は、暗号通貨とブロックチェーン技術の採用から生じる混乱の波をすでに感じ始めています。多くの研究や報告は、銀行幹部がこれらの新技術の破壊力について心配していることを示唆しています。彼らの多くは、将来においても関連性を保つために彼らの支払いおよび取引システムを劇的に変更する必要があると感じます。一部の銀行や金融機関はすでにブロックチェーンソリューションを採用しているため、取引コストと時間が大幅に節約されています。これは、順番に、これらの機関がより効果的に顧客を満足させるのを助けました。金融の専門家は、銀行および金融業界は変化の頂点にあり、革命は暗号通貨とブロックチェーンが主導すると考えています。

透明度の向上

ブロックチェーンの採用は、さまざまな官僚組織や政府機関の腐敗を防止するための手段とも見なされています。ブロックチェーンはオープンソースの元帳なので、ノード間で発生したトランザクションはすべての参加者に表示されます。これは本質的に、取引に関わるすべてのペニーが計上されることを意味し、それによってシステムの透明性が向上します。すべての公共の福祉および昇進の計画はブロックチェーンの採用によって確かめることができ、それはシステムの腐敗および他の不法行為を制御するでしょう。

モノのインターネット(IoT)とコミュニケーション

コンピュータのハードウェアとソフトウェアの分野はすでに劇的な変化を遂げています。技術の革新は、ブロックチェーンと暗号通貨の採用を補完するでしょう。これらのすべての技術革新を特定の状況で組み合わせると、業界のダイナミクスが変化する可能性があります。サプライチェーン、ロジスティクス、アグリビジネス、エネルギー、発電などの業界、そして金融テクノロジーの分野では、すでに大きな変化が見られており、そのペースは今後さらに悪化するでしょう。これらの業界の企業は、暗号通貨とブロックチェーンを1つにしてビジネスを遂行する新しい方法を採用しており、効率の向上、正確な追跡、および仲介者層の削減という点でメリットを享受しています。コミュニケーションセグメントもまた、ブロックチェーンの採用によりさらに後押しされると予想されます。将来的には、新しいシナリオに適応するために必要な技術革新により、通信モードはより速く、信頼性が高く、そして安全になります。

投資シナリオと規制の枠組み

投資目的でより多くの人々が暗号通貨を採用しており、他の投資と同様に、暗号投資もリスク要因のシェアを持っていることは注目に値します。最近の統計によると、アメリカ合衆国の18%の学生が暗号通貨を所有しています。これは多くの人々が暗号通貨への投資について人々を教育することによってかなりの金額を稼いでいるという暗号教育の需要を生み出しました。ブロックチェーンにおける専門家の需要も非常に高く、調査によると、必要な人材と既存の人材との間には大きなギャップがあることが示唆されています。

暗号通貨とブロックチェーンの採用を広げるために、すべての専門家は適切な規制と法的枠組みが整っているべきであることに同意します。多くの政府が暗号化とブロックチェーンの法的枠組みを策定してきましたが、そのステップは自国での技術の採用に不思議なことをすることです。また、当初はデジタル通貨の見通しに懐疑的な政府も、ゆっくりと着実にこれらの概念に目を向け始めています。確かに、完全に採用されるまでにはしばらく時間がかかるでしょう。

Leave a Reply