日本はFATF訪問の前に暗号交換慣行の見直しを始めました

金融アクションタスクフォース(FATF)は、今秋のマネーロンダリングの慣行に対して日本が採用したさまざまな保護措置を検証する予定です。この検査の前に、国の規制当局、金融サービス庁(FSA)は、それが規定した措置と一致していないことが判明した多くの暗号通貨交換を含む様々な金融機関の取り締まりを開始しました。 FATFの査察の主な目的は、金融機関間のマネーロンダリング防止の慣行を強化することです。この方針には、政府機関が暗号交換やその他の金融機関に対して提案したさまざまなフレームワークが含まれています。

FATF訪問

FATFの調査機関は、特にデジタルコインの取引を扱う暗号通貨交換に関して、マネーロンダリングの脅威を抑えるためにどのような措置を取ったのかを検討するために日本を訪問する予定です。ご存じのとおり、2008年に日本はFATFから史上最悪の順位を獲得しました。しかし、その後状況が変わり、今から10年後になって、マネーロンダリングやその他の違法行為をパラメータとする信任状を確立するために、国ははるかに良い立場にあります。 FSAが行った一連の措置の中で、政府機関は金融機関にさまざまな規則を定め、ユーザーに自宅のコンピューターではなく私書箱を使ってアカウントに署名するよう依頼するなど、さまざまな慣行を改善するよう求めました。

日本と暗号ビジネス

日本は暗号通貨交換事業を非常に真剣に受け止めており、実際、世界で最初に交換の登録手続を開始した国です。昨年10月、FATFは暗号通貨の交換に関する手続き上の要件にいくつかの変更を加え、G7諸国を含む各国に暗号通貨関連事業の登録および監視に関連する手続のために新たに発行されたガイドラインを使用するよう依頼。

また、この最近の発展をさらに重要なものにしているのは、日本が6月の来月に世界経済と金融市場に関する国際サミットを開催するという事実です。この国は、これまでに採用されているさまざまな暗号通貨規制、および取引を以前より安全かつ安全にするためにどのような変更が必要であるかについて長々と話すことが期待されています。初期コインオファリング(ICO)についても審議が行われる予定であり、これは議論の範囲を広げ、デジタル資産についての理解を深めるために役立つでしょう。日本は暗号通貨交換の魅力的な目的地として浮上しており、ニュース報道によると、国内で暗号交換を開くための7つもの申請がまだ進行中です。承認を得るために、申請者は規制当局が要求する400以上の質問に対して満足のいく回答をしなければならず、申請プロセスを取得して規制当局から回答を得るまでに約6ヶ月かかります。

Leave a Reply