Ripple(XRP)Financial Giant CIT Groupの顧問弁護士になりました

さざ波は、新しい顧問弁護士を雇うことによって長い間空いていたポジションを埋めました。

水曜日に宣言された、Stuart AlderotyはRippleでのすべての法的作業を監督し、CEOのBrad Garling houseに答えながら、世界規模の法的戦略とBank Secrecy Act(BSA)の整合性グループを扱います。

Alderotyは、CITグループ、米国のベスト50銀行、およびコマーシャルファイナンシャルから入社し、2016年以来、副社長、最高法務責任者、および秘書を採用し、法律、コーポレートガバナンス、および保険リスク管理の問題を管理しました。ブルームバーグCIT以前は、法律顧問として17年間勤務した後、HSBCおよびAmerican Expressで役職を歴任しました。

彼は、Brynly Llyr – 9月にRippleを辞任して暗号のスタートアップCeloに入社した元弁護士 – の後継者です。

にぎやかな法務団体:

Alderotyの契約は、Rippleに関連するデジタル通貨であるXRPで現金を失ったことを保証し、コインを未登録のセキュリティとして動かしたことを起業家のせいにしている金融業者によってもたらされた集団活動です。

この主張は、違反者であるAvner Greenwald、Vladi Zakinov、David Oconerによって文書化されたいくつかの訴訟をまとめたもので、Ripple Labsとその補助的なXRP II、Garling house、そしていくつかの異なる管理者と責任者として命名された。 11月に、主張は回答者の動きによって政府裁判所に移されました。

昨年の秋、RippleはワシントンDCで、セキュリティ保護アメリカのインターネット同盟(SAIV)と名付けられ、暗号スペースの管理に影響を与えることを計画していたキャンペーンを開始しました。

同様に9月に、Rippleは2016年にマークされた協会の理解の一部についてR3と2年前の正当な紛争を解決しました。それはR3に2019年の終わりまでにそれぞれ0.0085ドルで最高50億XRPトークンを購入する権限を認めました。翌年、トークンのコストが上がり、コンプライアンスのこの部分が論争の的になりました。和解の条件は明らかにされなかった。

Leave a Reply